東宝大怪獣シリーズ 「バラン(1958年版)」 少年リック限定版
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
予約受付終了!
※発売(発送)時期:2012年11月下旬頃〜12月初旬予定
〈商品サイズ〉
全高約14.5cm 
〈補足〉
全長約38cm(しっぽから鼻先まで)
〈付属〉
飛行バラン 全長:約10cm
〈材質〉
PVC(ソフビ)
〈仕様〉
塗装済み完成品(一部組立あり)
〈パッケージ〉
ブラインドボックス
〈価格〉
11,970円(税込)
※写真は製作中のものです。実際の製品は多少異なる場合がございますのでご了承ください。
※彩色は手作業で行っております。微細な傷、塗りムラ、若干の色味の濃淡などが個々にありますので、予めご了承ください。
※パッケージは商品の梱包材です。商品輸送の過程で微細な傷、擦れや汚れが発生する場合がございます。
商品自体にダメージがない場合、商品及びパッケージの交換はお受けいたしかねますので予めご了承ください。

TM&©1958,2012 TOHO CO.,LTD.

東宝怪獣オールスターズでは、微妙な位置をキープするバランですが、
これも私の大々大好きな怪獣であります。

先に発売しました30cmシリーズは、立ちポーズでの再現でしたが、
今回は、四つん這いポーズでの登場です。
自衛隊の攻撃により、北上川上流の沼から這い出したバランは、山間の小さな村を破壊するわけですが、
東宝パンスコープの細長くワイドな画面に頭〜尾の先までが“のたくり回る”姿は、
まるでオオトカゲであり、例え膝を着いた演技でも極自然であります。
こんなかっこいい怪獣は他にいない!と断言してしまいたい!
しかも、脇腹には皮膜状の羽根を仕込んでおり、燃え盛る炎が起こす上昇気流を利用し、大空へ掻き消えてしまった・・・
顔は“獣”の様であり、鬼の様でもあり…また爬虫類でもある…どんだけかっこエエねん!
まだまだ作り足りない最強の怪獣であります。

少年リック限定付属は、お約束の飛行バランです!!乞うご期待!

発売元:株式会社プレックス