東宝30cmシリーズ 「バラン(1958版) 大怪獣バラン」 少年リック限定版
画像1
画像2
画像3
画像3
画像5
画像6
予約受付終了!
※発売(発送)時期:2012年7月下旬頃〜8月初旬予定
〈商品サイズ〉
>全高:33cm(頭部のトゲ含む)
〈付属〉
婆羅陀魏山神 全高:約14cm
〈材質〉
PVC(ソフビ)
〈仕様〉
塗装済み完成品(一部組立あり)
〈パッケージ〉
ブラインドボックス
〈価格〉
18,900円(税込み19,845円)
※写真は製作中のものです。実際の製品は多少異なる場合がございますのでご了承ください。
※彩色は手作業で行っております。微細な傷、塗りムラ、若干の色味の濃淡などが個々にありますので、予めご了承ください。
※パッケージは商品の梱包材です。商品輸送の過程で微細な傷、擦れや汚れが発生する場合がございます。
商品自体にダメージがない場合、商品及びパッケージの交換はお受けいたしかねますので予めご了承ください。

TM&©1958,2012 TOHO CO.,LTD.

大怪獣バランは、1958年に、
「空の大怪獣ラドン」、「地球防衛軍」などが総天然色で公開の中、
TOHOパンスコープ仕様モノクロでのロードショーであった。

映画の設定では、この頃、東北の奥地は「日本のチベット」と呼ばれており、
まだ日本に秘境が存在した頃の話である。
冒頭、まるで「ロストワールド」の様な展開には雰囲気が高まる。
映画は、秘境探検ものから、自衛隊との攻防〜大都市の破壊と、
単純ではありながら、怪獣映画に不可欠の要素を満載しており、
何度見ても飽きない。
且つモノクロでありながら、その方が良いと思わせる出来栄えである。

初めてこの作品を鑑賞できたのは、幼き頃のテレビ放映であったが、
当時のブラウン管の比率で左右は大幅にカットされた状態で放送…
左右に広がるシネマスコープ的全貌を見るには、20年以上待つ事になる。
さて、その後、レーザーディスクなるもので鑑賞したバランの全貌には感無量となる・・・
素晴しい!これぞ怪獣だ!

湖から上陸したバラノポーダが、奥地の村を破壊する場面では、
四足歩行大怪獣の頭〜尾の先までが画面でのた打ち回る。
完全に膝をついた四足歩行場面も全く気にならず、不思議と自然に見える!
ヌイグルミ役者の演技力とは凄いものだと感心させられた。
身長設定もフラバラなどと同様、ミドル級設定であり、
ミニチュアとの対比がリアル。

さて、バラン自体は、婆羅陀巍山神と崇められていた事から、
仁王さまの様な大魔神的要素も感じさせつつ、
キングコング、アロサウルス、プテラノドンまでが
合体した様なスーパー大怪獣である。

今回、湖から上陸し、谷を村に向かって前進してくる、恐怖シーンをイメージした、
二足歩行ポーズでの製品化。
少年リック限定版は、お約束の「婆羅陀巍山神」を付属。

蛇足ですが、アメリカで入手した「BARAN,THE UNBELIEVABLE」のビデオは、
BGMに「大アマゾンの半漁人」が使用されており、
妙に納得した事を思い出す・・・

・・・しかし、この“バラン”は、まだまだ追求していきたいモチーフである。